クリティカルシンキング

コース内容とコース時間

 

クリティカルシンキング (初中級)       180時間

受講条件:ESLレベル4の合格

 

コース修了後は、課題のアイデアや詳細を聞いて、また、映像や音声からその課題の視点や意図された意味を解釈し、結論付けることが出来るようになります。文脈の手掛かりを単語の定義を通して、その語彙を理解することが出来るようにもなります。そして様々な話題や問題に対しての感情、情緒、意見を表現するために、イントネーション、リズム、アクセントに関して正しい英語の発音を作ることだ出来るようになります。講義中、要点をメモに取り、プレゼンテーションやプロジェクトを開発したり、ケーススタディを分析したりする相互作用を目的としたグループ作業を行います。形容詞句、受動声、接頭辞と接尾辞、条件文、比較語、イディオム、報告などに関する英語でbの文法と使用法を改善していきます。幅広いテーマ、問題、文脈で様々な執筆や自由エッセイを書けるようになります。

 

クリティカルシンキング (中級)       合計180時間

受講条件:ESLレベル5の合格

 

このレベルの修了後、様々な種類のテキスト、リサーチ、レポートの文書からの情報を分析し理解が出来るようになります。様々な話題や問題に関する感情、情緒、意見を表現する為に必要な正しい英語発音を使い、推論、想像力、創造性、妥当性を正確に介して、思慮し問題解決出来る能力を養うことが出来ます。幅広いテーマ、問題、文脈の異なる種類の執筆や自由エッセイの中でその情報を解釈し取り込み、複雑な文章構造、様々な文脈を取り込んだ文章を作成します。

 

クリティカルシンキング (上級)       合計180時間

受講条件:ESLレベル6の合格

 

このコースを修了すると、様々なテーマや問題に精通した意見、意見、批評を正確かつ素早く表現できるようになります。このコースでは、自分の意見、レポート、学術論文、問題、文脈を幅広いテーマから色々な種類のテキストを使い、それぞれの情報を比較し、分析し、解釈し、取り入れながら文章を作成することを学びます。教材から推論、想像力、創造性、妥当性、正確さを学ぶことにより、批判的思考や問題解決の能力を養っていきます。研究書、報告書、文書、調査研究、報告書、文書、および公文書などの学術文書に提示された情報を評価、そして解釈していきます。