Bluedataの講師陣

講師は全員ネイティヴスピーカーでニューヨーク州教育局の教育免許を所有。第二言語として学ぶ英語教育に適した熟練の教員達。

ティファニー・バトラー

ティファニージョイバトラーは教育者、作家、アーティスト、映画監督です。彼女の回想録は、Bodega Monthly Anthology、Muchacha Zine、Stelling Press Stories Pressの一部として出版されています。彼女は2010年にアルフレッド大学の文学部で学士号を取得しました。彼女は3年間英語を教えていて、スペイン語を勉強したり、映画を見たり、旅行したりするのが趣味です。ティファニー・ジョイはハドソン・バレーの小さな町であるウォルデン出身で、現在はブロンクスに住んでいます。

エド・ライアン

こんにちは、私の名前は エド ライアンです。私はBluedataのインストラクターであることをとても嬉しく思います。 私はニューヨークのブルックリンで生まれ育ちました。 セントフランシスカレッジで心理学部で学士号を取得し、The New School for Social Research大学でTESOL修了証明書を取得しました。 さらに、The American Academy of Dramatic Arts大学で演技の勉強をしました。 俳優でもある私は、色々な言葉の意味、ニュアンス、使い方を模索するのが大好きです。ですから、他国語として英語を学び、自信を持ってコミュニケーション出来るよう頑張っている生徒達のサポート をするのは私にとって最高の喜びです。多言語が話せる、という事は、いろんな面においてその人の人生を豊かにしてくれる貴重なものだと思うので、英語を学んでいる皆さんがその目標を達成出来るよう私は全力を尽くします。

リリー・キム

リリー・キムはカリフォルニア州ロサンゼルス出身です。 彼女はカリフォルニア大学アーバイン校で英語学部で学士号、教育学部では修士号、さらにニューヨーク大学で経済学部を卒業し、修士号を取得しています。 リリーは、10年間近く、子供、中学生、大人に英語を教えています。趣味は読書、ニューヨーク市内散策、そして執筆活動です。 最近では、彼女の犬と最愛の息子について「Walking Cookie Dough」(彼女の子犬の名前)という本を出版しました。 好きな食べ物はラーメンで、旅行するのが大好きです。

リサ・エリアス

こんにちは! 私の名前はリサ エリアスです。私はビジネスマン、学生、子供達に数年間、英語を教えている教師です。 私はスペイン語、フランス語、ポルトガル語、その他いくつかの言語も話すことが出来ます。ハンター・カレッジ(Hunter College)で 都市情勢(Urban Affairs)を学び学士号を取得し、ニューヨーク大学でスモール・ビジネス・マネジメントを学びました。 私は広報、メディア販売、不動産で働いた経験もあります。趣味は旅行、音楽、ダンスです。

アバ・カチオーフィ

アバは、2013年にオハイオ州立大学を卒業し、シリアの危機に関する出版のための研究助手としてワシントンD.C.で勤務しました。また、ネパールで学校や孤児院にいる中学生に英語を教えるボランティア活動に参加しました。 Teaching HouseのCELTAプログラムを通して2015年5月にニューヨークに来て、ここに移住することを決めました。

カイル・リドリー

カイル・リドリーは Nazareth CollegeにてTESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages)を教育学部で学び、2013年に修士号を取得しました。 以来、20カ国以上で難民、移民、留学生に英語を教え、さらに語学学校、公立高校、大学でも英語教師としての経験があります。 現在、Bluedataで働きながら、ニューヨークの市立大学でもESL教師として働いています。 彼はスペイン語を自分で学びつつ、教師としても教えています。今現在はフランス語を勉強中です。

バーナード・トーレス

バーナードはクイーンズカレッジで英語の文学士号を取得しました。現在、シティカレッジで言語とリテラシーの修士号を取得しています。彼はPre-Kからニューヨーク市教育省の中学校レベルまでの自閉症児を教えてきました。また、ニューヨーク市立大学ラガーディアコミュニティカレッジの多様で国際的な学生コミュニティで、大学レベルの英語の読み書きを教えてきました。彼は詩を書き、踊り、写真を撮り、旅行するのが好きです。英語を教えること以外の彼の情熱の1つは、商業および産業のナレーションを行うことです。彼はスペイン語を話し、フランス語や日本語を含む他の言語の学習が大好きです。

イアン・クレイズバーグ

彼はブロンクス、ホワイトプレーンズで生まれ育った生粋のニューヨーカーです。彼は語源学が好きなので特に単語を教えることを好んでいます。またこれまでにいくつかの中編小説や短編小説を書いており、芸術について話すのも好きだそうです。ラカーディア・コミュニティーカレッジでチューターをした経験もあり、韓国で英語を教えていた経歴もあります。韓国に滞在していたので、両国の食文化が好きだそうです。グランドセントラルターミナルがニューヨークで一番好きな建造物で、ウクレレ、ジャグリング、カリグラフィー、料理などの趣味を楽しんでいます。

クローディアン・リーシュはアルバニアにあるアレキサンダージョバニ大学にて2002年に英語教師の修士号を取得しています。その後、Tomorr Sinani高校にて教師として英語を教えていました。後14年間の教師生活をアルバニアで過ごし、ニューヨークに拠点を移しました。これまでの教練の甲斐もあり、用意周到でとても信頼できる先生です。彼の生徒は、その大半が認定大学に進学しており、ソーシャルメディアを通して生徒からの感謝の声はつきません。彼自身もELTA―English Language Teaching Associationの一員としても活躍しています。また、翻訳、世界史、心理学などにも興味があります。“勤勉に、優しく、いつも人のいいところを引き出すように”をモットーにしています。

クローディアン・リーシュ

ロレッタ H. キャンベルは生粋のニューヨーカーです。18年間の英語教師歴もあり、6年にわたりESLを教えています。英語を教えることも、彼女の生徒から学ぶこともすごく楽しんでいます。

ロレッタ H. キャンベル

カールトン・ジョンソン

カールトンは2018年からブルーデータでライティング、クリティカルシンキングを教えています。

ボストン市内でブルーデータのような語学学校に数年間勤めていた経験もあり、基礎の文法、会話スキル、単語、発音などに力を入れています。以前は韓国で4年間、小学校で英語を教えていました。彼自身が外国人としてとてもいい経験だったそうです。

フィラデルフィアのDrexel大学で学士号を取得後、ニューヨークやボストンで建築・インテリアデザイナーとして建設業に携わっていました。その後2009年より小学生などを対象にチューターを始め、だんだん英語を教えることの興味が沸いてきたそうです。その他にも旅行、異文化交流、写真、ジャズ、建築デザインなども好きだそうです。

ニューヨークライフ

Created by XQ Tech / Design by Emma Lu

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • YouTube Social  Icon